日刊横浜サイバー

日刊横浜サイバーでは、企業動向や倒産情報、企業事件などの情報をメーンに発信しています。企業犯罪や公務員の天下りなどの情報を本サイバー編集部(info@cdej.com)までお寄せ下さい。
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
有料LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
有料LINKS
MOBILE
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
次から次へと、よくもまあ…地方議員口利き編
0
    ある程度、実名に近い報道でいっちゃうよ。バッジの口利き、タカリはよく聞くが、前神奈川県議のK藤! あんたは落選しても相変わらず、どっかの市長選やら、何か選挙に出るような素振りを見せて口利き、タカリをやってんだな、いい加減にしろよ。

    しかも、そういう口利きやら、タカったやらのカネ、適正に申告もしてないだろ? 税務署に通用しない領収書を出しているらしいな、総務省なり、県選挙管理委員会なりが認めた領収書じゃないもんな。 県警も黙ってやらせてて大丈夫なの? 共同? 確信? それとも温情? 「どーにかしてほしい」って、みんなカンカンだよ。
    ・・・・・ブログ投票
    続きを読む >>
    | 議員の口利き問題 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    【連載・終】激化する競争 高くなる当選へのハードル【みなとみらい21地区公募】
    0
      提案内容の点数化を試行

      横浜市は、みなとみらい43、46両街区の事業提案コンペの実施に際し、応募事業者からの提案内容を点数化する手法を試行導入した。「権太坂土地有効活用事業や指定管理者の選定、マリンタワー再生事業などで応募事業者からの提案を点数化している。みなとみらい21地区の公募だけ点数評価を行わないのは時代のニーズに合わない。審査の公正性や公平性を維持する上で、点数評価方式を試行的に導入した」(審査を担当する横浜みなとみらい21会社関係者)と話す。
      続きを読む >>
      | 議員の口利き問題 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      【連載5】激化する競争 高くなる当選へのハードル【みなとみらい21地区公募】
      0
        利得あっせん的な「口利き」に巻き込まれた過去を思い出すべき
        本通信はこれまで、みなとみらい21地区の公募審査のプロセスで、利得あっせん的な「外的騒音」を排除する施策の必要性を指摘してきた。審査の公平性や公正性を維持する上で不可欠なわけだが、もう一つ重要な要素がある。幹部を含めた職員を利得あっせん的な「口利き」に巻き込まれない方策の一環としてである。
        続きを読む >>
        | 議員の口利き問題 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        【連載4】激化する競争 高くなる当選へのハードル【みなとみらい21地区公募】
        0
          「コンプラ制度」がなぜあるのかを考えるべき
          横浜市幹部の一部からは、みなとみらい21中央地区43街区の公募での一部の市議の動きについて、「行政運営調整局コンプライアンス室に通報する必要があるケースではなかったか」と指摘する声が出ている。

          続きを読む >>
          | 議員の口利き問題 | 21:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          【連載3】激化する競争 高くなる当選へのハードル【みなとみらい21地区公募】
          0
            「提案時のテナント入居率の低さ=収支計画に懸念=事業リスクが高い」という厳しい審査チェック
            横浜市は「提案時のテナント入居率が低いのはやむを得ない。ただ入居率が低ければ収支計画も甘めにつくらざるを得ない。入居率は賃貸オフィス経営の源泉であるだけに、収支計画の中身が甘ければ資金調達計画が根底から揺らぐことになる。その意味でかなりシビアな審査を行っている」と説明した。同市が提案時の入居率の水準にこだわるのは、みなとみらい21地区の賃貸オフィス床の需給バランスと、バブル景気が崩壊した後に続いた空室率の高さが背景にあった。
            続きを読む >>
            | 議員の口利き問題 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            【連載2】激化する競争 高くなる当選へのハードル【みなとみらい21地区公募】
            0
              野村不動産グループ、野村総研の入居意向書を提案時に提出

              46街区の野村不動産グループは、野村総合研究所が本社機能を移転する。オフィス部分の総延べ床面積のうち、5〜6割の部分について活用するわけだが、同グループが行った提案の強味は、野村総合研究所から入居意向書を入手し、事業提案書とともに提出できたことにある。

              野村不動産グループは、SPC方式を活用した資金調達方法を用いるものの、審査のプロセスでは「プロジェクト収支に特段の問題は見られない」との評価を受けている。また大規模オフィスビルの開発で、横浜市内で「横浜ビジネスパーク」の実績を評価、提案事業の実現可能性についても高い評価を受けた。

              続きを読む >>
              | 議員の口利き問題 | 08:00 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
              【連載1】激化する競争 高くなる当選へのハードル【みなとみらい21地区公募】
              0
                みなとみらい21中央地区43街区の開発事業提案コンペで、本通信が指摘したCSKグループが当選した。景気回復基調にある中で、東京23区内での地価高騰や、土地の供給が需要に追いついていない実態を反映し、東京23区内に比べ土地売却価格で割安感があるみなとみらい21地区の開発事業提案コンペに押し寄せる応募事業者が増えている。当然のことながら、応募事業者間の競争は激化し、当選へのハードルは高くなりつつあるようだ。46街区の事業予定者となった野村不動産グループを含めた民間事業者間で、明暗を分けたのは何か、独自取材を踏まえて分析した。
                続きを読む >>
                | 議員の口利き問題 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                43街区、本通信が指摘の応募事業者が当選
                0
                  みなとみらい21中央地区43街区の開発事業提案コンペで、本通信の編集主幹が先に指摘した応募事業者が当選した。
                  | 議員の口利き問題 | 06:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  疑惑に発展か?MM21地区43街区事業提案コンペ
                  0
                    横浜市が審査中のみなとみらい(MM)21中央地区43街区の開発事業提案コンペをめぐり、一部の市会議員と横浜市担当幹部、応募事業者について不適切な関係を指摘する声が出てきた。
                    続きを読む >>
                    | 議員の口利き問題 | 08:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP