日刊横浜サイバー

日刊横浜サイバーでは、企業動向や倒産情報、企業事件などの情報をメーンに発信しています。企業犯罪や公務員の天下りなどの情報を本サイバー編集部(info@cdej.com)までお寄せ下さい。
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
有料LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
有料LINKS
MOBILE
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
NPT準備委で演説した広島、長崎両市長「なぜ日本語でしなかったのか」という声
0
    米ニューヨークで開催したNPT(核不拡散条約)の再検討会議準備委員会で、平和市長会議代表団として出席、核保有国の代表を前に演説した秋葉忠利・広島市長と、田上富久・長崎市長に「やや斜に構えた意見」が出ている。両市長の演説内容は、被爆した国の自治体首長として非の打ち所がなかったわけだが、斜に構えた意見で共通しているのはただ一点「スピーチの際に用いた言語」だった。・・・・・ブログ投票
    続きを読む >>
    | 憲法問題 | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    日本が世界に唯一誇れるのが「平和憲法」ではないのか−憲法記念日、じっくり考えよう
    0
      中曽根康弘元首相を会長とする「新憲法制定議員同盟」は1日、東京・永田町の憲政記念館で、新憲法制定推進大会を開いた。中曽根、海部俊樹、安倍晋三の各元首相のほか、与野党、経済団体の代表などが出席している。
      憲法改正の焦点は、9条「戦争放棄」の部分であるのは明らかだ。戦争の悲惨さを語らなければならない国民の代表(元国会議員を含む)や、企業の代表(財界人)が「戦争へまっしぐら」の憲法改正を支持しているわけだが、そういった議員らを選んだ国民も、企業経営者を選んだ株主も、日本が世界の戦禍の中に再び入り、同じ人間を傷つけることを本当に望んでいるのであろうか。
      名古屋高裁の空自イラク派遣一部違憲判決をなかったかのように振舞う新憲法制定推進大会に出席した国会議員や財界人らは、「平和のありがたみ」より「軍事利権」の方が大事なのかと指摘されても致し方あるまい。きょうは還暦を1年過ぎた「平和」憲法記念日−喜寿、米寿、白寿を迎えられるように、ジャーナリズムが国会を、経済団体を厳しく監視しなければならない。
      続きを読む >>
      | 憲法問題 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      不適切な発言は控えるべき−名古屋高裁空自イラク活動判決
      0

        名古屋高裁が一部違憲とした航空自衛隊のイラクでの活動について、航空幕僚長のお笑いタレント風な発言が大きな波紋を呼んでいる。航空幕僚長の田母神俊雄氏が名古屋高裁判決について行った「私が心境を代弁すれば『そんなの関係ねえ』という状況だ」発言は、空自のレベルを明確にしてしまったようである。イラク派遣空自隊員の士気を考えての発言のようだが、国会を含め真摯(しんし)に議論しなければならない自衛隊のイラク派遣と憲法との関連を、お笑いタレント風に発言する必要があったのかどうかは疑問だ。名古屋高裁の一部違憲判決は、テレビのお笑いチャンネル程度だとも言いたげで、憲法問題を茶化す非常に不遜な態度と受け取られても致し方ない状況だ。原告団は19日、防衛省に抗議文を送付した。田母神氏に面談を近く申し入れるという。

        続きを読む >>
        | 憲法問題 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - | ↑PAGE TOP