日刊横浜サイバー

日刊横浜サイバーでは、企業動向や倒産情報、企業事件などの情報をメーンに発信しています。企業犯罪や公務員の天下りなどの情報を本サイバー編集部(info@cdej.com)までお寄せ下さい。
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
有料LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
有料LINKS
MOBILE
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
野村証券中国人元社員「立ち聞き」でインサイダー−情報管理の徹底で防げたというが
0
    野村証券の中国人元社員らによるインサイダー取引事件で、企業情報部元社員呀(れい・ゆ)容疑者(30)が東京地検特捜部の調べに対し、インサイダー情報について「ほかの社員同士の会話を聞いて(売買役の知人に)伝えたものもある」などと供述していることを、読売新聞が報じた。確かに社内での情報管理が徹底されていれば、不正を最小限に食い止めることができた可能性がある。業務体制の見直しを迫られそうだが、「立ち聞き」情報までをどうやって制御するのかは非常に難しい。「壁に耳あり、障子に目あり」であるように、無理難題を社員に押し付けては、逆に業務に支障が出るのではないか。「ドラスティックな合併・買収(M&A)」の陰には、休憩でコーヒー片手に一服しながら仲間と情報交換している際に、ふっと思い付いた妙案があるのではなかろうか。情報管理の徹底で社員を締め付けるのは、あまりお勧めできない情報制御の方法だ。
    続きを読む >>
    | インサイダー取引 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    中国人エリート証券マンの後始末で屋台骨は大丈夫か−野村証券
    0

      東京地検特捜部は22日、野村証券(本社東京都中央区)の中国籍の男性社員(30、同日付で解雇)ら3人を、金融商品取引法(旧証券取引法)違反(インサイダー取引)の疑いで逮捕した。証券取引等監視委員会は同日、この男性社員が所属していた企業情報部をはじめ、本社などを調査するとともに、男性社員らから事情聴取していた。男性社員は業務を通じて知った企業のM&A(合併・買収)情報を基にインサイダー取引をしていた疑い。不正取引は約20銘柄で利得の総額は4000万〜5000万円に上る見通しだ。M&Aの担当部署で企業の「秘密中の秘密情報」を知りうる立場を悪用した不正取引で、NHK職員、不動産中堅のコマーシャル・アールイー元社員とインサイダー取引の相次ぐ発覚は、社員のモラル教育を含めて社内教育制度のあり方を根本から揺さぶる事態になってきた。

      続きを読む >>
      | インサイダー取引 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      不動産会社元社員がインサイダー−社員のモラル教育は「二の次」だったのか
      0

        証券取引等監視委員会は、ジャスダック上場の不動産会社、コマーシャル・アールイー(本社東京都中央区、甲斐田啓二社長)の元社員と親族2人がインサイダー取引をしたとして、証券取引法違反の疑いで本社や社員の自宅などを家宅捜索していた。3人で計約3000万円の利益を得ていた疑い。元社員と親族がインサイダー取引を行ったとされる2005年11月ごろは、ファンドバブル真っ最中の時期。コマーシャル・アールイーの元社員だけでなく、プライベートファンドや他の不動産会社の役員・社員も、インサイダー取引まがいの行為で利殖を得ていたのは事実だ。要は、インサイダー取引の誘惑に負けないよう、社員に対するモラル教育を行っていたかどうか、役員が社員に対して「手本」を見せていたかどうかである。

        続きを読む >>
        | インサイダー取引 | 22:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP