日刊横浜サイバー

日刊横浜サイバーでは、企業動向や倒産情報、企業事件などの情報をメーンに発信しています。企業犯罪や公務員の天下りなどの情報を本サイバー編集部(info@cdej.com)までお寄せ下さい。
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
有料LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
有料LINKS
MOBILE
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
【連載/終】八ツ場ダム、「談合決別宣言」をした大手なのだが…
0
    八ツ場ダム(群馬県)の関連工事に関し、大手ゼネコンも気を使う「地元の仕切り役」、ある会社の存在と、大手ゼネコンとの関係の一端を明らかにした。

    入札執行を中止した八ツ場ダム本体工事は、当然のことながら技術力の面で地元業者だけで対応できないのは、大手、地元とも承知済み。

    大手の下にぶら下がり、作業員を数人出してサヤを抜く…実質は大手だけで工事をやっているのは、八ツ場ダムの関連工事に限ったことではない。

    群馬県内では50年に1度の大規模工事、八ツ場ダムの関連工事に絡む大手と地元との受注調整は、共同企業体(JV)の組み方から始まっている。

    前回までは地元の仕切り役を扱ってきたが、今回は「大手の仕切り役」についてである。大手は既に「談合決別宣言」を出しているのだが…。
    ・・・・・ブログ投票



    関連記事【連載2】八ツ場ダム(群馬)関連工事で聞こえてきた「地元仕切り役」 (09年12月8日)

    関連記事【連載1】八ツ場ダム(群馬)関連工事で聞こえてきた「地元仕切り役」(09年11月17日)
    続きを読む >>
    | 談合問題 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    【連載2】八ツ場ダム(群馬)関連工事で聞こえてきた「地元仕切り役」
    0
      連載初回の11月17日付の本サイバーでは、八ツ場ダム(群馬県)の関連工事の受注で、大手ゼネコンを含めて「地元の仕切り役」とされる、ある会社の存在を明らかにした。つまり八ツ場ダム関連工事の談合は、この会社の「了解のもと」で行われていると解してもいいだろう。大手も、地元もこの「仕切り役会社」のいうことを聞くのはなぜかだ。・・・・・ブログ投票



      関連記事【連載1】八ツ場ダム(群馬)関連工事で聞こえてきた「地元仕切り役」(09年11月17日)
      続きを読む >>
      | 談合問題 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      【連載1】八ツ場ダム(群馬)関連工事で聞こえてきた「地元仕切り役」
      0
        継続、中止、延期で関係者が三つ巴で揺れる八ツ場ダム(群馬県)。これまで発注した関連工事で「地元の仕切り役」とされる会社が浮き上がってきた。この会社は売上高29億円程度で、国交省の格付けはCランクだが、「大手も一目置いている会社で、この会社の了解なしに営業所すら設置できない」(地元筋)というのだ。「地元の天皇」と噂される、この会社は…。・・・・・ブログ投票
        続きを読む >>
        | 談合問題 | 09:41 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        大磯町議会100条委、最終論点は「廃掃法」「官製談合防止法」に絞られる見通し
        0
          大磯町議会100条委、最終論点は「廃掃法」「官製談合防止法」に絞られる見通し可燃ゴミ回収業者の選定に当たり、「不透明な契約手続き」があったとして大磯町議会が地方自治法100条に基づき設置した「可燃ごみ収集事業者決定に関する調査特別委員会」(三澤龍夫委員長)の議論は最終的に「廃掃法」と「官製談合防止法」に絞られる見通しとなった。29日に開いた7回目の委員会で明らかになった。

          本サイバーは、大磯町が09年3月に行った「可燃ゴミ回収業者の選定・決定」について、これまで二つの法制度の視点から矛盾点を指摘してきた通りとなった。議論が拡散するなど、紆余曲折をたどりながらも、ようやく「本題」のまとめに入る段取りが整ってきたことになる。

          次回は未定だが、12月定例議会の日程を視野に入れ、最終議論に向けた委員会開催日程を決める見通しだ。最終報告がまとまるのは年明け以降になる。
          ・・・・・ブログ投票
          続きを読む >>
          | 談合問題 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          大磯町議会100条委、今後の論点は「廃掃法と官製談合防止法」だ!
          0
            可燃ゴミ回収業者の選定に当たり、「不透明な契約手続き」があったとして大磯町議会が地方自治法100条に基づき設置した「可燃ごみ収集事業者決定に関する調査特別委員会」(三澤龍夫委員長)の議論が大きな局面を迎えそうな動きとなってきた。

            今後の議論のカギを握る法制度は、廃掃法と官製談合防止法である。次回委員会は10月29日に開く予定で、議論は大詰めを迎えることになる。
            ・・・・・ブログ投票
            続きを読む >>
            | 談合問題 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            八ツ場ダム建設事業、「もう決まっていたのに」という笑えない話
            0
              八ツ場ダムの建設で水没する群馬県長野原町を4年前に訪れた際に、前橋市内で聞いた話だ。「地元業者間では既に出来上がっているんだ」(関係筋)。そう、いわゆる「建設談合」のことである。だからこそ地元が前原誠一国交相が下した「中止」判断に徹底抗戦しているのである。群馬県内の土建業界談合システムはどうなっているのか――。(※参考:本文1740字)・・・・・ブログ投票
              続きを読む >>
              | 談合問題 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              川崎市発注「下水管きょ工事」の談合疑惑、落札率が徐々に上昇、「低入札」に限界か
              0
                公正取引委員会が川崎市が市内Aランク業者を対象に、06〜08年度の3年間に発注した「下水管きょ工事」で独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いがあるとして、川崎市内の建設業者約30社と川崎建設業協会(露木直義会長)に立ち入り検査に入ったわけだが、本サイバーではこれまでに落札(星取り)実態の側面から、独禁法違反の疑いを指摘してきた。

                今回は、川崎市内Aランク業者を対象(一部に大手と共同企業体を組んで応札した案件も含む)にした下水管きょ工事の落札率の面から不当な取引制限があったのかどうかを検証する。落札率の状況から浮き彫りになったのは「08年度からの大きな変化」であった。
                ・・・・・ブログ投票
                続きを読む >>
                | 談合問題 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                川崎市発注の「下水管きょ工事」受注、39社中16社が「0回」
                0
                  公正取引委員会が立ち入り検査に入った川崎市発注の下水管きょ工事。本サイバーでは、07・08年度の工事落札状況から、公取委が独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、川崎市内の建設業者約30社と川崎建設業協会(露木直義会長)に立ち入り検査に入ったのかを探った。

                  川崎市が入札・契約制度を大きく変更し、電子入札制度を本格導入したのは06年度。そもそも談合防止策の一環として、阿部孝夫市長が推し進めた。にもかかわらず、談合を未然に防止できなかったとすれば、今後の発注政策にも影響を及ぼしそうだ。
                  ・・・・・ブログ投票
                  続きを読む >>
                  | 談合問題 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  川崎市発注の下水管きょ工事談合疑惑、「2年間に7回以上落札」2社に集中
                  0
                    川崎市が発注した下水管きょ工事について、同市内の建設業者が談合を繰り返していた疑いが濃厚になったとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、川崎市内の建設業者約30社と川崎建設業協会(露木直義会長)に立ち入り検査に入ったが、受注調整に加わっていたと目される建設業者が本サイバーの調べで明らかになった。・・・・・ブログ投票
                    続きを読む >>
                    | 談合問題 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    公取委が立入検査、川崎市発注工事談合「懲りない面々」
                    0
                      公正取引委員会は、川崎市が発注した下水管の建設工事について、市内建設業者が談合を繰り返していた疑いが濃厚として、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、約30社を対象に立入検査に入った。各社の大部分は、川崎建設業協会(露木直義会長)の会員。公取委は、受注調整に関連した「受注調整」会合が同協会事務所で開かれていた疑いで、同協会事務所にも立入検査に入っている。

                      立ち入りを受けた建設業者の中には、93年11月に課徴金納付命令や排除勧告を受けた建設業者が含まれている模様で、「相変わらず懲りない面々」にあきれた声が聞こえてくる。川崎市が定めた契約条項では、公取委が今後行う審決で談合と認定された場合、対象となった建設業者は賠償金として契約金額の20%相当を同市に返還する罰則を設けている。
                      ・・・・・ブログ投票
                      続きを読む >>
                      | 談合問題 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP