日刊横浜サイバー

日刊横浜サイバーでは、企業動向や倒産情報、企業事件などの情報をメーンに発信しています。企業犯罪や公務員の天下りなどの情報を本サイバー編集部(info@cdej.com)までお寄せ下さい。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
有料LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
有料LINKS
MOBILE
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
「みんなの党」で怪文書、読み込んでいくとウラが垣間見えるぞ!
0
     「コピーフリー」の選挙用怪文書。渡辺喜美・元行革担当相が率いる「みんなの党」に対する怪文書だ。神奈川県内では、江田憲司、浅尾慶一郎両衆院議員がおり、今夏の参院選では、昨年の横浜市長選に自民党から出馬、落選した中西健治氏を擁立している。

     それにしても、本サイバーでは、渡辺氏の「資産ゼロ」のカラクリを指摘したことがある。民主党の小沢一郎前幹事長とはカネの集め方から、集めたカネの消し方まで似ているのだが、「意を得て妙すぎて怪文書になるのかどうか」(永田町筋)という笑える話も聞こえてくる。

     一方でちょっと気になる見方をする指摘も出ている。「読み込むと意外な連中たちの顔ぶれが浮かんでくる」(同)というのだ。
    ・・・・・ブログ投票
    続きを読む >>
    | 怪文書 | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    【怪文書】前横浜市長を襲った最初の「紙爆弾」
    0
      8月30日投開票の横浜市長選は、前市長の中田宏氏が水面下で推したとされる民主党推薦の林文子氏が90万を超える票を獲得、自民党・公明党支持の中西健治氏を約3万5000票の差をつけて初当選した。

      中田氏が横浜市長を任期途中で急きょ辞職した背景としては、横浜港開国博覧会(Y150)の失敗やら、女性問題やら、衆院選出馬やらいろいろ取り沙汰されているが、本サイバーでは「衆院選に出馬するつもりだったが、地元での任期途中での辞職に対する反発が思いのほか強かったため、今回の衆院選への出馬を断念、子飼いの市議である山崎誠氏(比例区復活当選)を代わりに出馬させた」との情報を得ている。

      雑誌で女性問題を連載されたり、渦中の女性が横浜市庁舎で記者会見を開いたりして散々な目に遭った中田氏だが、その発端は2006年4月の横浜市長選が照準に入ってきた前年11月下旬に横浜市の幹部たちに撒かれた「怪文書」から始まった。

      本サイバーは、当時出回っていた「怪文書」を入手していたが、中田氏も辞職して新市長が横浜市庁舎に入ったのを機に、一般公開することにした。


      ※新市長の林さんは、こんな「紙爆弾」が当時飛び交っていたのを知っているのかな?知らないだろうな、知らない方がいいこともあるし。・・・・・ブログ投票
      続きを読む >>
      | 怪文書 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP