日刊横浜サイバー

日刊横浜サイバーでは、企業動向や倒産情報、企業事件などの情報をメーンに発信しています。企業犯罪や公務員の天下りなどの情報を本サイバー編集部(info@cdej.com)までお寄せ下さい。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
有料LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
有料LINKS
MOBILE
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 【事業停止】Z(旧・Kワークス、広島、建設、元塩見ホールディングスグループ)−負債額は約26億円 | main | 【特別清算】アーサーヒューマネット(福岡市、不動産)−負債額は約35億4000万円 >>
北海道庁幹部OBが社長で天下り、そして経営破たん…道内建設コンサル会社の代表権を持つ副会長に
0
    北海道庁幹部OBの「なりふり構わぬ天下り再就職」が表面化した。このOB、建設部長経験者で道庁は03年5月末に退職している。縁あって道北最大手の地場ゼネコン、北野組に社長として天下ったが、08年7月22日に自己破産した。

    ところが、道庁建設部長OBは、08年12月1日に道内大手の建設コンサルタント会社の代表権を持つ副会長に就任していたのだ。国会でも「(霞ヶ関)高級官僚の渡り」や「天下り」が問題となっている陰に隠れて、地方公務員はズルズルというのが実態だ。

    特に問題なのは、北海道という地域性が強い中で、破産した北野組の従業員の再就職問題を片付けないまま、社長職を投げ出し、次の会社に役員として収まった無責任さに、道庁の現役世代からも呆れた声が上がっている。
    ・・・・・ブログ投票
    北海道の就職戦線は他のエリアと比べて非常に厳しい。会社が経営破たんした際の社長であれば、何が必要なのか分かろうというものだ。最優先で行うべきことは、従業員の再就職先を探すことである。
    ↓    ↓    ↓
    続きは有料です。
    全文をご覧になる場合は、ここをクリック!
    | 天下り問題 | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.cdej.com/trackback/1340819
    トラックバック