日刊横浜サイバー

日刊横浜サイバーでは、企業動向や倒産情報、企業事件などの情報をメーンに発信しています。企業犯罪や公務員の天下りなどの情報を本サイバー編集部(info@cdej.com)までお寄せ下さい。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
有料LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
有料LINKS
MOBILE
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 横浜地裁、中田宏・前横浜市長の愛人名乗る「奈々嬢」の請求を棄却 | main | 明けましておめでとうございます >>
旧日本NCR跡地(神奈川県大磯町)、公売落札者はなんと上場企業だった!
0
     東京国税局が公売手続に入っていた日本NCR工場跡地(神奈川県大磯町)約1.9haの落札者が明らかになったので、お知らせする。

     元暴力団組員で約18億円の巨額脱税事件を主導した遠藤修被告のダミー会社、プロジェクトワン(芦澤勇代表)が元所有者。差押えを受けた挙句に公売となった。しかも同社は、この機に乗じて、残りの約6haを公売落札者に売却しようと仕掛けている実態も浮き上がってきた。

     東京国税局は「4度目の正直」で、差押えた旧日本NCR跡地の3分の1を処分できたわけだが、相変わらず遠藤被告のダミー会社が隣接地を所有、合わせて割高な最低見積価格を敬遠して、応札者すら現れなかったほどだ。

     そして、ようやく現れた落札者とは―。公売で取得した土地は、遠藤被告のダミー会社が相変わらず所有している。犯罪に絡んだ土地が、果たして大磯町にとってプラスにつながるのかどうかは未知数のままだ。
    ・・・・・ブログ投票
     巨額脱税事件の舞台の一つとなった旧日本NCR跡地。日本NCRの元役員と遠藤被告との濃密交際を証言する大磯町関係者もいる。公売落札者の狙いは何か―地元では、激戦模様の町長選のはざまでさまざまな憶測が流れている。
      ↓    ↓    ↓
    続きは有料です。全文をご覧になる場合は、ここをクリック!
    | 経済事件 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.cdej.com/trackback/1625284
    トラックバック